サッカーのフォーメーション

基本的なフォーメーションを学んで子供に馬鹿にされないようにしよう!

代表的なフォーメーションをここで紹介します。現在の世界的な主流として、フォーメーションは4バックが多いかな?3バックだと攻撃を受けたときにMFが戻ることになって、実質5バックになります。そうなると攻撃力が削がれるので、4バックが主流になってるみたいです。

4-3-3はプレーヤー一人一人の役割が分かりやすく、指導しやすいので少年サッカーで採用されることが多いシステムです。ウィングの攻撃参加がカギを握るシステム。

オランダのクラブチームでよく採用されます。

 

4-4-2はポジションの役割がはっきりしていて、世界でも最もポピュラーなシステムです。ミッドフィルダーがダイヤモンドを作る場合、フラットにする場合、ボックスにするなどで戦術が変わってきます。

オフト、ファルカン、加茂、岡田(第一次政権)の日本代表(93〜97年)、さらにジーコ以降、オシム、岡田(第二次政権)(02〜10年)の日本代表のほとんどで4−4−2のフォーメーションが取られてきました。

※2005年ドイツW杯・最終予選のジーコジャパンでは柳沢のワントップの3-6-1

 

3-4-3は得点力重視の超攻撃型システムです。もちろん攻撃には有利ですが、守備には不利なシステム。

守備のリスクからか、近年ではあまり使われることはありません。

 

3-5-2は3バックを主体としたフォーメーションで最もよく採用されるシステムです。左右のウィングバックの位置次第で攻撃的にも守備的にもなります。

トルシエジャパン(98〜02年)で採用されていたフォーメーションです。

 

トピックスメニュー

 

練習法メニュー

親子で出来るドリブルの練習法

 

親子で出来るパスの練習法

 

親子で出来るシュートの練習法

 

子供ひとりでも出来る練習法