シュートの基本はボールが来た方向に打ち返す

シュートの基本

ゴール前でパスが来た時、同じ方向に打ち返すのが基本です。
どういうことか図で説明すると・・・

 

つまり、右側からボールが来たら、右側に打ち返す。これが基本です。何故かというと、これには理由が2つあります。

 

1.ボールが来た方向に打ち返す方が簡単
ボレーにせよ、グラウンドにせよ、右側から来たら右側に打ち返す方が、正確性も上がるし、強いボールが打てます。逆側に打つのは、かなり難しい。プロでも難しいです。

2.GKの動き
右側から左へボールが来たら、GKはボールに釣られて、左に移動します。すると右側が大きく空きやすい。そこを狙ってシュートを打ったほうが確率は上がります。

 

逆側にシュートを打つってのは、野球で言えば流し打ちみたいなもの。流し打ちもプロでも難しいでしょ?来た方向に打ち返す、これを徹底的に教えこんでください。

 

お子様と一緒にシュート練習される親御さんへ

FW、ストライカーを目指しているお子様向けの、頭を使った効果的な練習法が紹介されています。小学3年生以上向けです。大人の方にも役に立ちます。

>>城彰二が教えるシュート練習法【ゴールからの逆算】


※ リンク先の少し下がったところに動画があります

 

 

練習法メニュー

親子で出来るドリブルの練習法

 

親子で出来るパスの練習法

 

親子で出来るシュートの練習法

 

子供ひとりでも出来る練習法

 

試合で点を取る子供の姿を見たい

 

城さんのDVDのレビュー
シュートに特化したサッカー上達DVDのレビューをしてみました。内容も写真付きで公開しています。