クロス(センタリング)の合わせ方

クロスは大きく分けて4種類

クロス(センタリング)には大きく分けて4種類あります。それぞれ、ただ闇雲にシュートを打てばいいってもんでは無いので、それぞれのクロスの特徴を知っておきましょう。

 

ニアへのクロス(センタリング)

ニアへのクロスが最もゴールの成功率が高くなります

ここがストライカーの仕事場、ここで打たなきゃいつ打つか?ってほどのチャンスボールです。基本的に速いボールが来ることになるので、軽く当てるだけで強いシュートが打てます。

ニアへのクロスでシュートを決めるポイントは、とにかくDFの前に出ること

直接、点にならなくても、セカンドボールを味方が拾ってくれることで、得点シーンを演出することになるので、勇気を持って前へ出よう。

 

 

ファーへのクロス(センタリング)

ニアの次にゴール確率が高いクロスです。基本的にはフワッとしたボールがやってきますので、GKやDFが対応する時間を与えてしまいます。そういう意味では、シュートの正確性やパワーが求められます。

ファーサイドへのクロスは、GKやDFの動きを見ながら
1.近いポストへ強いシュート
2.逆のポストへフワッとしたシュート
3.折り返して味方にラストパス

などの選択肢から、冷静に判断しよう。

 

 

アーリークロス

DFが戻りきる前に、早めにサイドからボールを入れるのがアーリークロス。狙い場所はDFとGKの間のスペース。走りながら斜め後ろから来るボールを処理するのは難しいけど、上手くトラップ出来れば、絶好のゴールチャンス。DFが整う前にシュートまで持って行こう。

 

 

マイナスのクロス

サイドを深くえぐった味方から、自陣に戻し気味(マイナス方向)に入れるクロスのことです。DFはニアのコースを最も警戒するので、真ん中のスペースがぽっかり開くことがある。思わぬチャンスが巡ってくる場合があります。

 

お子様と一緒にシュート練習される親御さんへ

FW、ストライカーを目指しているお子様向けの、頭を使った効果的な練習法が紹介されています。小学3年生以上向けです。大人の方にも役に立ちます。

>>城彰二が教えるシュート練習法【ゴールからの逆算】


※ リンク先の少し下がったところに動画があります

 

 

練習法メニュー

親子で出来るドリブルの練習法

 

親子で出来るパスの練習法

 

親子で出来るシュートの練習法

 

子供ひとりでも出来る練習法

 

試合で点を取る子供の姿を見たい

 

城さんのDVDのレビュー
シュートに特化したサッカー上達DVDのレビューをしてみました。内容も写真付きで公開しています。