パスの練習

距離を変えて様々なシチュエーションのパスを

パスの練習って甘く見がちですが、相手がいて始めてできることだから、相手のことをちゃんと考えてキックする練習になるんですよね。

相手が受けやすいところにパスを送ってあげる

これがパスの基本ですが親子で練習するときも、それを心がけて練習しましょう。

 

 

パスの練習法

1.始めは5mぐらいの距離をとって、インサイドキック(足の内側を使ったキック)でボールを運ぶ練習をしましょう。

2.受ける側は蹴る瞬間に「右!」「左!」と、どちらの足で取るかを叫びましょう。蹴る側は瞬時に判断して、言われた側にパスを送る練習を。

3.近距離の練習が出来れば中距離で。15mぐらい離れて、インステップキック(足の甲を使ったキック)で胸でトラップできるようなパスの練習を。

4.近距離でも中距離でも、必ず蹴る瞬間は顔を上げて周りを見ながら蹴るようにしましょう。足元を見て蹴ってたら注意してあげましょう。

 

お子様と一緒にパス練習される親御さんへ

内容は超初心者、初心者向け。サッカーをやり始めたお子様、小学校低学年ぐらいまでのお子様には最適なDVDです。上級生にはやや物足りない内容かもしれません。

>>元Jリーガーが教える一人でもできるサッカー練習法


※ リンク先の少し下がったところに動画があります

 

 

練習法メニュー

親子で出来るドリブルの練習法

 

親子で出来るパスの練習法

 

親子で出来るシュートの練習法

 

子供ひとりでも出来る練習法

 

試合で点を取る子供の姿を見たい

 

城さんのDVDのレビュー
シュートに特化したサッカー上達DVDのレビューをしてみました。内容も写真付きで公開しています。