ボールになれるにはリフティングが有効

リフティングの練習はテニスボールで

「テニスボールでリフティング?そんなのおかしいでしょ」

って多くの人が思うかもしれませんが・・・

実はテニスボールでのリフティングは、かなり有効な練習法です。テニスボールを使ってリフティングして、50回ぐらい連続して出来るようになるとサッカーボールでやりだすとすごく扱いやすくなります。

 

 

テニスボールでリフティングをするメリットは?

テニスボールでリフティングをする大きな効果は以下の2つです

・ ちゃんとボールに打撃を与える感覚と、精度が身に付く
・ 室内で練習できる

テニスボールはサッカーボールと比べて格段に小さいので、しっかり蹴らないとちゃんと飛ばないし、ボールを当てる位置の精度も重要になってきます。

それと、室内で練習できるのも大きな魅力です。室内でサッカーボールを使ってリフティングしたら、家族も避難しなきゃいけないし、ガラスも割れます。

 

だけどテニスボールなら変なところに飛んでも大きなダメージにはならないし、床に落ちたときの衝撃も小さいです。またあんまり飛ばないので、狭い範囲でも十分練習できますので、そういう意味でも室内で練習するのはオススメですね。

もちろん屋外で練習するときはサッカーボールで練習すればいいですけどね。

 

 

試合でのボールキープの感覚をつかむなら

少し上級編になりますが、試合での実践的な動きに関しては、この練習法が役に立つかもしれません。ただし、9歳以下のお子様には内容は合わないようですので、ご注意ください。

>>元J1優勝監督のサッカースーパープレイヤー育成DVD

※ リンク先で動画が見られます

 

 

2個入りでだいたいこれぐらいの価格です

ダンロップ(DUNLOP) テニスボール FORT(フォート)2球入 1缶
ダンロップ(DUNLOP) テニスボール FORT(フォート)2球入 1缶
 

 

 

練習法メニュー

親子で出来るドリブルの練習法

 

親子で出来るパスの練習法

 

親子で出来るシュートの練習法

 

子供ひとりでも出来る練習法

 

城彰二さん関連のトピックス