1人でドリブルの練習をするなら

1人のドリブル練習は木を効果的に利用しよう

放課後サッカーの練習をしたくても、友人は塾や習い事でどうしても1人で練習しないといけないこともあります。しかし、リフティングばかりやってても、心が折れます。そんなとき、一人でも楽しく練習できるような、一人でも出来るドリブルの練習方法をお伝えします。

 

 

1人ドリブル練習のやり方

コーンがあればそれを使うのもいいですが、もっといいのは公園に生えてる木などをすり抜けるようにドリブルしましょう。コーンでもいいんですけど、小さいので実際の相手を想定した感じにはなりません。木などの方が、背があるので、実際の人に近い練習ができます。

出来れば自分と同じぐらい、または大きい障害物をすり抜けるようにドリブルする方が効果的ですが、そこまでこだわらなくてもいいでしょう。

 

 

ポイントはなるべく早く、コンパクトに周れるようにすること。当然、木には根がありますが、それは相手選手のトラップと考えて、大きく回る、上を超すなどしてクリアしましょう。

 

 

公園ですし、特に木が生えているような土の場所では、平坦な地面は無いでしょう。なのでドリブル自体が難しいかもしれませんが、それはそれで、逆にイレギュラーの練習になります。

不整地で練習していれば、整地でドリブルするのは簡単です。こういう練習が、ドリブルの技術の向上になります。

 

それに技術の向上が、目に見えてわかると思います。

「今までは木の根を迂回していたけど、上を超すようなドリブルが増えた」
「今までよりコンパクトに、スムーズにドリブルが出来るようになった」

など、いろんな成長があると思います。

 

近所の公園に、木が生えてなければ、自分の乗ってきた自転車や柱、遊具などを上手く配置して、練習してください。

 

 

本格的にドリブルの練習をするなら

ドリブルに特化したサッカーの上達方法です。
少年専門のトップコーチが教えるレッスン方法です。

>>少年専門のトップコーチによる5ステップドリブル上達法

 

 

コーンがあると便利かも
大きさ、携帯性などいろいろあるので合ったものを選んでください
大きいのと小さいのが1セットづつあると便利かもしれません

 

練習法メニュー

親子で出来るドリブルの練習法

 

親子で出来るパスの練習法

 

親子で出来るシュートの練習法

 

子供ひとりでも出来る練習法

 

試合で点を取る子供の姿を見たい

 

城さんのDVDのレビュー
シュートに特化したサッカー上達DVDのレビューをしてみました。内容も写真付きで公開しています。