ドリブルの練習は「相手の真似」

二人一組で相手を真似るドリブルを

視野の確保とボールを保持したときの正しい姿勢が身につくドリブル練習の基本です。

二人一組で各自ボールを1個づつ持ち、向かい合って1人の動きにもう1人が動きをあわせてドリブルします。

相手を見る、姿勢を正すことをしないと相手の真似は出来ません。つまりこの2つが養われることで周りを冷静に見るドリブルが出来ます。DFを抜き去るドリブラーに変身するのに効果的な練習法です。

 

 

真似(マネ)ドリブルのやり方

1.まずは1人1個、お互いにボールを持って、5mほど(2タッチで届くぐらい)離れて対峙します。

2.上手い方の人がマネされる側になり、ボールを運びます。狭い区間の往復でもいいでしょう。どのくらい真似されてるかしっかり相手を見ましょう。

3.マネする方も相手を観察し、ちゃんとマネしてください。

4.ゆっくりのドリブルと速いドリブルを組み合わせたり、相手が真似できないようなドリブルやフェイントを見せましょう。

5.5分1セットで真似する側と真似される側を交代してください

*時間が経つにつれ、難易度が上がるにつれて足元ばかりをみがちです。お子さんが顔を上げてるかちゃんと見ながら意識して練習に取り組みましょう。

 

 

本格的にドリブルの練習をするなら

ドリブルに特化したサッカーの上達方法です。
少年専門のトップコーチが教えるレッスン方法です。

>>少年専門のトップコーチによる5ステップドリブル上達法

 

 

サッカーのコーン
大きさ、携帯性などいろいろあるので合ったものを選んでください
大きいのと小さいのが1セットづつあると便利かもしれません

 

 

練習法メニュー

親子で出来るドリブルの練習法

 

親子で出来るパスの練習法

 

親子で出来るシュートの練習法

 

子供ひとりでも出来る練習法

 

試合で点を取る子供の姿を見たい

 

城さんのDVDのレビュー
シュートに特化したサッカー上達DVDのレビューをしてみました。内容も写真付きで公開しています。