コーンを使ったスラロームドリブル

コーンを使ったスラロームドリブルには2種類やり方があります

 

ストレートスラロームドリブル

コーンをまっすぐ並べてその間を抜けていくドリブルの練習です。八の字ドリブルとは基本的に変わりませんが、スラロームドリブルでは、足の使い方を変えましょう。

 

例えば・・・
1.インサイド2タッチ
2.アウトサイド2タッチ
3.インサイド1タッチ
4.アウトサイド1タッチ
5.足の裏だけを使って2タッチ

と、使う足の場所を変えることで、様々な状況に対応することが可能です。

 

ジグザクスラロームドリブル

 

ストレートと違って、大きく方向が変わるので、実際の試合ではDFの動きを翻弄したり、パスコースを的確に探すための、動きが養えます。

ポイントはスピードの変化と ボールを運ぶ場所

どのポイントにボールを持っていくか、意識しながら練習しましょう。

 

その意識を高めるために効果的なのが

コーンをDFと想定すること

コーンの後ろ側にボールを持っていくように心がけ、うかうかしてるとボールがとられると思いながら、ボールを運びましょう。コーンの前にボールが行くと取られます。後ろだと取られない。そういうルールを自分に課してやることで、実際の試合での動きが変わってきます。

 

 

本格的にドリブルの練習をするなら

ドリブルに特化したサッカーの上達方法です。
少年専門のトップコーチが教えるレッスン方法です。

>>少年専門のトップコーチによる5ステップドリブル上達法

 

 

サッカーのコーン
大きさ、携帯性などいろいろあるので合ったものを選んでください
大きいのと小さいのが1セットづつあると便利かもしれません

 

練習法メニュー

 

試合で点を取る子供の姿を見たい

 

城さんのDVDのレビュー
シュートに特化したサッカー上達DVDのレビューをしてみました。内容も写真付きで公開しています。